landmark -hashima

2019年
moving image | DLSR, GoogleEarthStudio

本作は2019年2月21日から24日にかけて行われたIAMAS2019における、メディア表現学プロジェクトの展示発表として制作した映像作品である。本作を制作するに至った経緯は二つある。第一に、本プロジェクトの目的である「建築物を建築学的な視座だけではなく、市民に使われた歴史としてアーカイブする」ということを映像的な視点から試みるため、第二に、展覧会ではあまり注目を集めない資料展示の中に動的なコンテンツを設置することで来場者に鑑賞のきっかけとなるトリガーを設けるためだ。結論から述べると本作は竣工当時の写真と現在の写真を混在させ、また音楽家である蓮沼執太氏の音楽を使用することによって先に述べた目的を果たした。

Leave a Comment